ThinkEcology 0102
Answer
容器や包装のゴミは一般廃棄物(家庭のゴミなど)に対し、容積比で6割にもなります。つまりゴミの減量・再生は地球のと人の未来にとって大事なテーマ。そこで1997年4月にできたのが「容器包装リサイクル法」です。〈下図参照〉スチール缶 はリサイクル法の課税対象にはなりません。スチール缶やアルミ缶、紙パックなどは分別収集された時点で「有価物」となるため、再商品化の対象とはなりません。それでもTORIIは今日も明日もリサイクルに前向きです。
Recycle chart
Steel Can Recycle